ウォッシュレットタイプのトイレで水漏れが起こったら

毎日利用するトイレで水漏れが起きたら、なるべく早く直さなければ日常生活を送ることは難しいです。特に多くの家で普及しているウォッシュレットタイプの、トイレにおいて発生するトラブルで気を付けたいことを確認してみましょう。まず、何といっても水漏れに伴う漏電を防がなければなりません。
ウォッシュレットタイプのトイレはコンセントがついていて電気が通っており、便器の温度を保ったり、おしりの洗浄の機能を保っています。どこで水漏れが起こっているかに関わらず、少しの水がコンセントに触れても感電したり、漏電したりする危険があります。まずはコンセントを抜いてから、原因を特定していきましょう。
コンセントを抜くと同時に、止水栓をしめてしまうことも有効です。ウォシュレット 水漏れは電気回路も複雑なので、業者を呼ぶことが一般的です。そんな時もまずは上記の処置を行うと、より少ない被害ですむことでしょう。放っておくと、リモコンやパネル部まで交換しなければならなくなる可能性が高くなります。

■ノズル部からのトラブル

ウォッシュレットには、自分でコントロールできるリモコン式のパネルがあります。ここを押すとノズルが出てきたり、元に戻ったりします。ノズル部から水が出た状態で戻らなくなる、というトラブルが起こることがあります。本体の故障ではなく、リモコンの電池が切れてしまって作動しなくなっただけということが考えられます。まずは単純な原因かどうか確認するため、電池を交換すると良いでしょう。
それでも変化がない場合は、ノズル内部の故障である場合があります。内部に、水の行き来をコントロールする弁がありそれが消耗して故障に至った可能性もあります。その場合は自分で部品交換はできないので、業者に連絡しましょう。

■本体からのトラブル

ノズル部以外の部分から、水漏れが起こることもあります。一般的に自分で修理するのは難しいですが、業者に伝える際どのように漏れているか正しく伝えることが大切です。便座の脇や便座を通して床が濡れている場合は、本体からの水漏れ、または止水栓の故障ということが考えられます。本体内に設置されているホースが切れたり壊れたりしている可能性もあります。



■まとめ
ウォッシュレットタイプは修理も難しく、電気回路が壊れると自分で作業することは難しいでしょう。最低限の被害にするため、コンセントを抜くことと、止水栓をしめて水漏れを止めることをこころがけましょう。さらに故障している部分を写真に収めておくとより安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ